【無料型紙】裏地付き*スカラップが可愛い上履き袋の作り方

上履き袋 上履き袋 上履き袋 上履き袋 上履き袋 上履き袋

スカラップが可愛い!巾着タイプのうわばき入れ

今回作り方をご紹介するのは、裏地付きの巾着タイプのうわばき入れです。
ぜひお好きな配色で作ってみてくださいね!
大きさが違うだけでお着替え袋とほとんど同じ作り方になります。

上履き袋【うわばき入れ】


必要な道具

道具

1:縫い針・待ち針5:ロータリーカッター9:ミシン
2:目打ち6:紙切りハサミ10:カッターマット
3:糸切りハサミ7:布切りハサミ11:定規
4:紐通し(ヘアピンなど)8:アイロン

・ここでは使用した道具、あると便利な道具を紹介しています。

手芸道具に困ったら

近所の手芸屋さんに置いてないなど、困った時に通販もしている大型手芸店です。
ユザワヤ  /手作りホビー材料の大型専門店。
オカダヤオンラインショップ / 新宿に実店舗があり手芸材料を幅広く扱っています。
手芸材料の通信販売 シュゲール /手芸材料を約5万点以上取り揃える手芸の総合通販。


必要な材料

上履き袋
1.表布A綿ポリダンガリー・ペールラベンダー
生地通販のマルイシ
2.表布B・C綿ポリダンガリー・サーモンピンク(8000-1)・オフ白
生地通販のマルイシ
3.裏布綿ポリダンガリー・サーモンピンク(8000-1)
生地通販のマルイシ
4.カラーテープ27cm×2本(25mm幅)ラベンダー
サンコッコー+カラーテープ
5.ヒモ①中(約5mm幅) 63cm レモン
サンコッコー+カラー紐
6.ヒモ②中(約5mm幅) 63cm オフホワイト
サンコッコー+カラー紐
7.糸FUJIX
キングスパン#60
8.ラメ糸FUJIX
スパークルラメ LM101
型紙下記の【無料ダウンロード】をご利用ください。


カーブアイロン定規

・スカラップのカーブを作るとき、厚紙をカーブに当ててアイロンをかけると綺麗に仕上がります。
「カーブアイロン定規」の型紙を切り取り、厚紙に写してご利用ください。

・型紙の▲印の部分にノッチを入れて下さい。


つくり方

上履き袋

・表布BとCを0.7cmの縫い代でつなぎあわせます。表布Bの方に縫い代を倒し、押えステッチをかけます。

・色が薄い方に縫い代を倒すと透けてしまうため、濃い方に倒しています。色を変えて作る時はご注意ください。

・同じようなストライプにしない場合は、この作業は必要ありません。

上履き袋

・今回は太めのストライプで作りたかったので、つなぎ合わせて一枚布にしています。

・他の生地を使用する場合は上の【表布D】のサイズを参考にしてください。【表布B+C】と同じサイズです。


上履き袋

・表布Aの裏にチャコペンで0.7cmの縫い代を書きます。
カーブを綺麗に折るために、細かく切り込みを入れます。

・厚紙をカーブに当てアイロンで縫い代を折ります。

上履き袋

・表布[B+C]と表布Aのノッチ部分を合わせます。
先ほどアイロンで縫い代に折り目をつけたカーブ部分に、押えステッチをかける。

・今回はスカラップ部分のみラメ糸を使っています。
写真では分かりにくいですが、ラメステッチだけでとても可愛らしくなります☆

・表布を中表の二つ折りにし、両脇の【あき止まり】まで縫います。

・両脇の縫い代を割り、ヒモの通し口に表から0.5cmの押えステッチをかけます。

上履き袋

・裏布を中表の二つ折りにし、両脇の【あき止まり】まで縫います。

・両脇の縫い代を割り、ヒモの通し口に表から0.5cmの押えステッチをかけます。

・表布の袋口を2cmで3つ折りにし、持ち手を挟んで押えステッチをかけます。

・持ち手を上にあげて表から押えステッチをかけます。

・あき止まりの位置でぐるりと一周押えステッチをかけます。

上履き袋

・表にひっくり返し、先ほど押えステッチした位置の左右のヒモ通し口から1本ずつ通します。
ヒモ通しがない場合でも、ヘアピンや安全ピンで代用できます。


【スカラップ切替の裏付きうわばき入れ】

上履き袋

・ストライプにしない場合は、表布Dのサイズを参考にしてください。
その際「5/6」「6/6」はストライプの型紙なので不要になります。